自由診療

眼瞼下垂

重瞼ライン法

上まぶたのしわは、年齢的なものによってまぶたの皮膚がたるんでかぶさってきます。余った皮を取り除くことで簡単に修正できます。
下垂の程度が強い場合には、右の図のように本来の二重の線周囲で広く取り、筋肉の調整が必要な場合は装備の整った病院をご紹介いたします。

上眼瞼のしわ取り 一般的な方法
しわの線を横切るため、術後、目尻の傷が目立ち、笑うと傷跡が浮かび上がってしまう。

上眼瞼のしわ取り 当クリニック
たるみやしわのある皮膚がきれいに消え、術後の傷跡も目立ちません。

眉毛下切開法

眉毛の下縁に沿って、上まぶたの余った皮膚を切除します。幅は状態にもよりますが、10mm前後の幅を切除できます。横幅は眉毛の内側から外側までで約5cmほどです。
その後、傷あとを最小限になるよう縫合します。

上眼瞼のしわとり

上まぶたのタルミが多くなると、眼を隠すように皮膚が垂れ下がってきて、視野が狭くなり、目つきが悪くなります。この症状を少しでも改善させようと、おでこの筋肉(前頭筋)を使い、眉毛を上に持ち上げ視野を広げようとします。そうすると、おでこに皺ができやすく、眉毛とまつ毛の距離が広くなり、まぶたの上がくぼんでみえることもあります。

眉毛下切開により、目が自然に大きく、開きやすくなります。眉毛とまつ毛の距離が狭くなり、凛々しい印象になります。おでこのシワも改善します。おまけの作用として、頭痛が減ったり、肩こりが楽になったりする方も多くみられます。おでこをずっと緊張させていると、頭痛や、肩こりをきたしやすくなるからです。

こんな方におすすめ

  • 加齢でまぶたがたるんで来て眼が三角形になってしまった方
  • 瞼のたるみが気になるけど、腫れやダウンタイムが気になる方
  • 眉とまぶたの間が広くて目尻が下がって見えるような方
  • まぶたのたるみは取りたいけれど、整形がばれたくない方

準備して頂くもの

  • 5cm幅程のヘアバンド
  • 帽子

その他、術前にお話致します。
抜糸は術後7日目頃になります。

自由診療 料金

二重埋没法(仁木法)(両側麻酔、内服込)50,000円(税別)

二重埋没法(仁木法)

埋没法は皮膚を切らずに糸を縫いこみ、二重のラインをつくる方法です。
当院では表の皮膚側から眼瞼挙筋に糸をかけるので結膜を傷つけず、腫れも抑えられます。また、3点をマークしてカーブに沿って糸を通すので仕上がりも自然です。
手術直後からコンタクトレンズもつけられます。メイクも翌日から可能です。
二重埋没法

埋没法は切開法とくらべ腫れが少なく、やり直せることから多くの方がまずこの手術から受けられます。
ただし、糸のみで皮膚を引き込んでいるため、

  • まぶたを強くこする習慣がある
  • まぶたがむくみやすい
  • もともと皮膚が余っている

などが原因で二重のラインが薄くなったり、消失する可能性があります。
※手術後の二重ラインの変更につきましては、通常の手術料金をいただきます。

手術の流れ

  1. デザインは大変重要です。じっくり決めましょう。
  2. 点眼麻酔と皮膚の表側から局所麻酔をします。
  3. 3点に糸を通して瞼を開けてもらい、ラインを確認後糸を埋め込みます。
  4. 両側終了し、起きた状態でラインを 確認していただき終了です。

施術時間 20分
埋没法で出来るのは「末広タイプ」になります。
ご本人の目の形により「平行タイプ」になる方もいます。

  • 眼瞼下垂
  • 二重埋没法(仁木法)

トップへ戻る

トップに戻る